設立主旨
人口2000人高齢化率38%の泰阜村民が取り組んでいるこの事業は、2000年以降定年を迎える団塊の世代の方たちの老後とその最後を、どこでどのように迎えるかについての問題に、一つの選択肢として泰阜村民との新たな共同体作りへの参加を提案するものです。
「もう国にたよらず、自分たちの幸せは自分たちの手で作り上げよう」という発想から、都会に住むふるさとを持たない人たちと村民との共同作業で、新しいふるさと創りをめざして、総合的な福祉事業(高齢者の介護、子育て支援、世代間教育、障害者雇用、地域住民の緊急避難所等)や、山村の持つ魅力を充分に活かした地域の再生事業に取り組み、智恵を出し合いながら働く場の確保と、村の活性化を目的に設立するものです。
間取り図
間取り図