お知らせ
東日本大震災被災地での救援物資配布活動のご報告
2011年4月4日掲載
高齢者協同企業組合「悠々」では、2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災した地域にて、泰阜村の支援を受け救援物資の輸送と配布を行いました。

当組合の本田理事長と福祉事業を通じて交流のある岩手県藤沢町の知的障害者更生施設「ふじの実学園」より、震災後多くの人が詰めかけ避難所の状態になったが、救援物資が届かず困窮した状態であるとの報が入り、大地震発生後3日目となる3月14日より救援物資を募り、泰阜村をはじめ周辺地域から集まった救援物資を携え、2011年3月18日(2tトラック1台分/毛布600枚、衣類500枚、紙おむつ300枚等のほか、食料品、粉ミルク、生理用品、マスク、トイレットペーパー、ティッシュ、カイロ、乾電池、タオル、軍手など)及び、23日(2tトラック2台分+ワゴン車1台分)の2回、当組合理事と泰阜村職員他にて現地へ赴き直接支援を行いました。

当初、ふじの実学園へ赴きましたが、更なる窮状の避難所や被災地へも回ってほしいとの要望を受け、次の様なルートで物資の配布活動を行いました。


2011年3月18日〜19日のルートと現地の様子(写真をクリックすると拡大します)
東北道一関I.C. → 藤沢町(ふじの実学園) → 陸前高田市 → 気仙沼市 → 藤沢町(ふじの実学園) → 東北道一関I.C.

2011年3月18日 2011年3月19日 2011年3月19日 2011年3月19日 2011年3月19日
2011年3月19日 2011年3月19日 2011年3月19日 2011年3月19日 2011年3月19日


2011年3月23日〜24日のルートと現地の様子(写真をクリックすると拡大します)
東北道古川I.C → 石巻市 → 女川町 → 南三陸町 → 気仙沼市 → 陸前高田市 → 東北道一関I.C.

2011年3月20日 2011年3月22日 2011年3月24日 2011年3月24日 2011年3月24日
2011年3月24日 2011年3月24日 2011年3月24日 2011年3月24日 2011年3月24日